温泉巡り一人旅のすゝめ

ヤフーブログ終了に伴い、まだハードルが高いと思われる温泉一人旅の記事だけを地道に移行中です・・・男女問わず温泉一人旅デビューを目指す方の後押しとなれたら幸いです!!!♨

八丈島一人旅 ② 八丈島空港

 
前回の続きです。
東京国際空港(羽田空港)から、八丈島の大動脈「八丈島空港」には、わずか約50分で到着します。
 
 

    f:id:onsen_tabi1:20190520064321j:plain              東京国際空港(羽田空港)にて^^

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520064426j:plain           11月12日~2泊時は「2便」で向かいました

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520064705j:plain           通常の航路は「東山; 三原山」南東部に入ります

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520064834j:plain     「東山」南東部~「底土港」上空を経て「八丈島空港」に向かいます♬

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520065029j:plain        「東山」山麓に広がる「坂下地区・三根(みつね)」上空

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520065143j:plain        離島にしては長くて面積も広い、かなり立派な滑走路です✧

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520065327j:plain            八丈島空港ターミナルビル&管制塔

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520065733j:plain

    

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520070101j:plain      10/7 早朝到着の1便機内から✧^^虹が見えていました(*≧▽≦*)!!

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520070532j:plain    あっという間に到着です・・・自分は、空いている後方座席の常連なのでゆ~っくり出ます(^^;;

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520071259j:plain    空港を出た風景^^「西山; 八丈富士」をバックに「八丈島」の「八」のオブジェがあります✧

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520071717j:plain     八丈島空港ターミナルビル屋上・送迎デッキから「東山; 三原山」の眺望✧

 
 
八丈島空港は、1927年(昭和2年)旧海軍飛行場として誕生しました。
戦後、1954年(昭和29年)に村営の飛行場となりました。
その後、1962年(昭和37年)に、滑走路1,200mで供用開始しました。
1955年、初の定期便である「青木航空」(後の藤田航空、現・全日本空輸)が、東京国際空港
(羽田空港)線を開設して現在に至っています。
ちなみ「全日本空輸・ANA」の読み方は「エー・エヌ・エー」であって、決して「アナ」と読んでは
いけません・・・航空会社なのに「穴」に落ちるという不吉な語呂になってしまうからだそうです。
    (by; ANA社員の知人)
 
現在は、1日3便の運行で、離島としてはかなり便利です。
1便と3便は「A320」エアバス機(166席)で、2便のみ「ボーイング737-800」機(167席)で、
両機の規模は、ほぼ同じ大きさです。
八丈島空港は伊豆諸島の空港では唯一、現在では滑走路の長さが十分にあるので、以上2種の
ジェット機が離発着しています。
自分がド貧乏学生の時、ゼミ仲間で憧れの八丈島空港を「見学」に行った時には、まだ小型の
プロペラ機(YS-11)だった記憶があります・・・
 
これは、東京←→八丈島を数え切れないほど往復されている八丈島民の老婦人から教えていただいた
ことですが・・・
まずは、とにかく欠航率の多い路線とのこと・・・羽田を無事離陸しても強風など悪天候の影響で
着陸出来ず、引き返す確率も高いとのことで・・・
一年を通して風が強いうえ、面積が狭くて滑走路も短い八丈島空港を発着する、離島便にしては大型の
ANA機を操縦されている機長さんは、かなり熟練されたベテランの方でないと無理とのことです。
実際、自分が台風18号が過ぎ去ってすぐの日に着陸した時、余波で物凄く強い東風が吹いていたので・・・
「よく、こんな強風時に無事に到着できたなぁ~・・・」って、めっちゃ感心したものです!!
この日(10/7~1泊で訪問時)は強~~い東風だったので、まずは航路から大きく南部の方へと
迂回してから東風を向い風にして、より安全な西側方向から着陸態勢に入ったので、機内から美しい
「八丈小島」が珍しく見えたということでした✧^^
いつもは西風の強い島なので、東方向(「底土港」上空)から着陸態勢に入るので見られないとの
ことで・・・本当に、と~ってもラッキーでした!!!✧
 
 

    f:id:onsen_tabi1:20190518220750j:plain    この日は珍しく台風の影響で東風だったため、西側方向から着陸態勢に入ってました!!

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520072358j:plain      「八丈小島」~「八丈富士」上空から「八丈島空港」へ向かいます!!

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520072508j:plain    上空の時は↑の通り曇ってましたが、自分が降りたとたんに晴れてきました!!!✧^^ 

 
 
空港ビル内の1階には大好きなレストランアカコッコさんがあり、八丈島の郷土料理「島寿司」が
スッゴく美味しいんです!! (営業時間; 8:00~17:00)
そして復路に必ず立ち寄る所は・・・レストランアカコッコさんのお隣に位置する土産品店の
民芸あきさんです。
八丈島特産の明日葉が大好物なので、レンタカーにて島内のスーパーあさぬまさんで安価に買い損ねた
時などは、必ず購入して帰ります(*^^*)
 
明日葉とは・・・伊豆諸島に自生するセリ科の植物で、芹(セリ)+抹茶÷2のような、苦いけど香ばしい野草で
最近では栽培物が多いです。
あと、オンシーズンには「ストレチア・レギネ」(別名;極楽鳥花)などの特産の切り花も
購入して帰ります。
 
 

    f:id:onsen_tabi1:20190520071555j:plain       レストランアカコッコさんの窓から望む空港^^さっきまで曇ってたのに晴れ間が!!✧

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520073505j:plain              ANA機を模った楊枝入れ(*^^*)

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520073742j:plain       超絶美味しい島寿司&明日葉うどんセット✧^^

    ※「島寿司」とは・・・八丈島でその日に獲れたトビウオ・アオダイ・
     メダイ・ムロアジ・などを漬けにして、ワサビではなく「カラシ」で
     いただく、と~っても美味しいお寿司です^^
     ヒラマサやキンメダイも場合によってはあります。
     黒いネタは海草です。

    f:id:onsen_tabi1:20190520073912j:plain       空港ビル前に咲いていた「ストレチア・レギネ」(別名; 極楽鳥花)

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520074125j:plain          こちらはスーパーあさぬまさんで購入した「明日葉」^^

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520074439j:plain    「明日葉」は島の至る所に自生しています^^スーパーなどの商品は栽培されたものです

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520075933j:plain              夕刻の八丈島空港ターミナルビル

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520080041j:plain      空港ターミナルビルの駐車場から見た「八丈島」・「八」のオブジェ^^

 

    f:id:onsen_tabi1:20190520075837j:plain     最終便(3便)機内から見た八丈島空港ビル&管制塔と「西山; 八丈富士」

 
 
 
                * 撮影日; 2014年10月7~8・11月12~14日 * 
 
 
 
次回も続きます。 
 
 
  
     ❖ 八丈島(東京都)で1人宿泊可能なホテル・旅館などは↓↓から予約できます!!! ❖